Ads by Google

長期保存水 5年! サーフビバレッジの災害備蓄用ミネラルウォーター!【格安でお届け】

防災の基本は安心・安全な飲料水の備蓄から・・・!

成人1人が一日に必要な水の量は2〜3リットルといわれています。
災害時は物流が寸断され供給不足が予想されますので、最低でも2週間分の備蓄が推奨されています。
1日3L必要とした場合、2L×1セット(12本)=24Lが必要となります。
wo001.jpg
【おすすめのポイント】
総合飲料メーカー「株式会社サーフビバレッジ(山梨県)」が製造したナチュラルミネラルウォーター(5年保存水)です。
■信頼の実績
市役所、学校法人、福祉介護施設、自治体、大手事業会社など、多くの公共機関や会社から選ばれている実績があります。

■第三者機関による水質検査済み
保存期間表記の適正性について、厚生労働大臣登録検査機関である「山梨県食品衛生協会」による水質検査を実施しております。

■有害物質の除去
水道水とは異なり、殺菌消毒を塩素で行っていませんので、残留塩素は認められません。また、水脈が安全に確保されており、有機物の残留もありません。

■高規格ダンボール使用
長期間保存に適した強度で分厚いダンボール(※)を使用しています。また、ごみや虫の侵入を極力妨げるように持ち手用の穴を無くしております。

■耐熱ボトル使用
75度までの熱に耐えられる耐熱ボトルを使用することで、菌の入らないよう高い温度のまま重鎮することができます。また、ラベルには災害用伝言ダイヤルの利用方法が記載されています。


【商品説明】
・商品名:長期保存用飲料水 ナチュラルミネラルウォーター 天然水 ペットボトル(PET)
・内容量:2000ml×12本(6本×2ケース)
・原材料名:水(深井戸水)
・主成分等:カルシウム1.4mg、マグネシウム0.3mg、カリウム1.4mg、ナトリウム0.9mg(100ml当たり)
・賞味期限:製造日より5年3ヶ月(キャップに印字)
・生産者:株式会社サーフビバレッジ
※メーカー倉庫から、新鮮なお水をお客様へ直送いたします。
●詳しくは、コチラ
↓  ↓  ↓
http://shop.moshimo.com/mineral_water01/
posted by gara at 16:12 | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷凍弁当の宅配!食べたいときに、レンジでチン!

1週間分(7食分)お弁当をクール宅急便でお届けします。
食べたいときに、レンジでチンするだけで、美味しいお弁当を食べることができます。

塩分やカロリー控えめのお弁当から、ご高齢者で噛むチカラの弱くなった方、また、高血圧、糖尿病、腎臓病の方の食事療法用食まであります。
あなたは、どのお弁当!?


●食宅便
食宅便」とは、9,000人以上の管理栄養士・栄養士を擁する日清医療食品の自信作です。
塩分・カロリー控えめ、なのにとってもおいしいおかずをクール便でお届けします。
レンジでチンするだけで簡単にお召し上がりいただける、便利なおかずセットです。

・おまかせコース
1週間分(7食分)のお弁当をクール宅急便でお届けします。

・おこのみセレクトコース
おこのみのお弁当を7食分お選びいただけます。クール宅急便でお届けします。

その他定期便コースもございます。





●やわらかダイニング
噛む力・飲み込む力が弱くなってきた方向けに、見た目や味、まとまり易さ、飲み込み易さに配慮したやわらかい宅配食を全国へ宅配する通販ショップ「やわらかダイニング」です!

レンジで温めるだけでやわらかい食事が完成するので、作る方の負担を大幅に軽くし、お食事を楽しめます!

やわらかさ別に分かれた食事コースです。

例)やわらかレベル1:厚焼き卵ほどのかたさ
  やわらかレベル2:だし巻き卵ほどのかたさ
  やわらかレベル3:スクランブルエッグほどのかたさ





●彩ダイニング
高血圧、糖尿病、腎臓病の方の食事療法用食です。

管理栄養士が考案した信頼できるメニューです。
塩分が少なくても、だしを効かせ、主菜はしっかり味付け、副菜は薄味になど、味付けにメリハリをつけ、全体の塩分量を抑えます。
また、食べられない食品がある方でも、好きなお弁当を1食から注文可能です。
食べたい時に電子レンジで温めるだけなので、食事の準備もカンタンです。



posted by gara at 20:06 | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金華さば味噌煮缶の通販|絶品サバ缶アレンジレシピもご紹介|【6缶セット】

完全限定生産品ですので、在庫が無くなり次第終売となります!!

旬の期間限定で宮城県石巻港に水揚げされた、脂乗り抜群の真さばを使用して、
鮮度抜群の生原料のみを手詰め、冷凍原料を不使用のフレッシュパックです。
食塩のみで味付けをしたシンプルな水煮ですので、旬の美味しさを味わっていただけます。

メーカーの木の屋石巻水産は、
昭和32年の創業以来、缶詰、水産加工品を皆様の食卓にお届けしています。
また、東日本大震災では壊滅的な被害を受けましたが、その後、新工場を再建し、
従来通りのおいしい缶詰を製造し続けています。

●商品紹介
・商品名 金華さば水煮(彩)
・内容量 (固形料)110g(内容総量)170g/缶
・原材料名 さば、食塩
・賞味期限 常温3年間
・保存方法 直射日光を避け、常温で保存してください
・加工地  宮城県
・製造者  株式会社 木の屋石巻水産
      宮城県石巻市魚町1丁目

●詳しくはコチラ
 ↓  ↓  ↓
http://shop.moshimo.com/saba_kan/

top001.jpg

002.jpg

>>>アレンジレシピ<<<

1.サバの味噌煮込み丼
【材料】(1人前)
・サバの味噌煮込み缶 1/2缶
・たまご       1個
・ご飯        1膳
・のり       お好みで

【作り方】
・サバ缶は汁ごととたまごを混ぜ合わせます。
・レンジで加熱(600W 1分)
・軽く混ぜ合わせて、さらに加熱します。(30秒)
・ご飯の上にのりを散らせば出来上がりです。

※お時間がないときに、簡単にできて喜ばれますよ!

posted by gara at 09:49 | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

100円ふりかけ!絶品ランキング調査!絶品レシピもご紹介!

所さんの日本の出番!
こんなウマイの100円ふりかけに外国人シェフが絶叫!

●ふりかけランキングをご紹介
1位:魚の屋のしそわかめ さけ入り
2位:丸美屋のソフトふりかけ鮭
3位:丸美屋のソフトふりかけ 豚しょうが焼き味
4位:永谷園 ゆずこしょう
5位:本場対カレー味ふりかけ
6位:はごろも わさふり むちゃ辛
7位:丸美屋のすきやき
番外
・のりたま
・のり弁の秘密
・coco一番屋 カレーふりかけ

●ふりかけの歴史
ふりかけは、美味滋養を目的として大正から昭和初期にかけて、
数ヶ所で考案されたのが起源といわれています。
全国ふりかけ協会では、熊本県で売り出された「御飯の友」と
いう商品を、ふりかけの元祖として認定しています。
小魚をまるごと粉砕した一種の栄養補助食品なので軍隊でも
重宝されたそうです。
子供のための食べ物になったのは、戦後しばらくしてのことです。

●ふりかけを使ったレシピ
ふりかけは万能調味料!市販の「ふりかけ」を使ったアイデアレシピ
・混ぜ込み卵焼き
 卵焼きにふりかけを混ぜるだけ!
 いろんな風味の卵焼きが楽しめます。
 特に鮭ふりかけなどはオススメです。
・ふりかけキャベツ
 湯通ししたキャベツにごま油・ふりかけで味付け
 手軽なおつまみレシピです。
・ふりかけパン
 パンにバターをぬってふりかけるだけ!
 すきやきやカレー味などもオススメです。

●番外編] プロが伝授! 100円ふりかけアレンジレシピ先行公開! 3/8(火)
 『所さんのニッポンの出番!』【TBS】


posted by gara at 10:43 | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第5回KOBE豚饅サミット2015開催!今年は豚饅発祥100周年!

第5回KOBE豚饅サミット2015が開催されています。
日本で初めて、神戸で豚まん専門店ができて
今年で100年を迎えます。
「豚饅100年大使」に、お笑いのダチョウ倶楽部が
任命され、毎年11月11日の「豚饅の日」を
盛り上げてくれました。

また、11月11日(水)・14日(土)・15日(日)は
サミット限定のオリジナル豚饅が販売されます。

【オリジナル豚饅の販売について】
・日時:11日(水)午前11時〜午後5時
・場所:曹家包子館
・豚饅:KOBE豚饅詰め合わせセット(3個)500円(税込み)

・日時:14日(土)・15日(日)午前11時〜午後5時
・場所:南京町広場、曹家包子館、大丸神戸店1階北側外廊
・豚饅:13団体限定オリジナル豚饅
    ・神戸ビーフ入り豚饅(老祥記+森谷商店)コラボ
    ・BOUNO!イタリアン(四興楼)
    ・海鮮三種入り豚饅(一貫楼)
    ・季節のキノコ入り四川風豚饅(重慶飯店〔横浜〕)
    ・豚バラ角煮たか菜饅(神仙閣)
    ・ちゃんぽんまん(蘇州林〔長崎〕)
    ・季節のお野菜を使った豚パン(ザ・マーシュ)
    ・肉まん(桂雀花〔仙台〕)
    ・焼肉まん(皇蘭)
    ・ぽかぽか炊き出しまん(甲南大学)
    ・ピリ辛ソースで楽しむジューシー豚まん(神戸ポートピアホテル)
    ・秋の味覚入りホルモン饅(神戸国際調理専門学校)
    ・豚肉とビーツとの出会い(南京町)

●詳しくはコチラ(KOBE豚饅サミット)
http://www.kobebutaman-summit.com/

●誕生100周年、豚まん大使にダチョウ倶楽部

posted by gara at 18:00 | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Ads by Google