Ads by Google

巨人験担ぎで現金やりとり!これって違法じゃないの?さよなら巨人!

巨人の公式戦での現金やりとりが大きな問題になりつつあります。

一軍の選手の大半が参加して自らの公式戦の勝敗を対象に
「声だし」と呼ばれる現金のやりとりをしていたことが発覚しました。

「声出し」とは、試合前に投手陣と野手陣が別々に円陣を組んで
「声出し」する係りに対して、巨人が勝つと1人5,000円を
負けると声出し係りが全員に1,000円を渡すしくみです。

一回あたりの総額は、6万円から8万円で、連勝していくと
掛け金(巨人は拠出金と言う)が跳ね上がることもあったらしい。

「らしい」というのは、巨人は現金のやりとりを認めたが、
あくまで「賭博ではない」と主張しているので、あまり大きな
現金のやりとりはなかったことにしたいとの思惑もあると思われます。

金額は多寡は別にして、問題は
1.NPBが昨年調査した折発覚していたが、野球協約に抵触しない
  と判断して公表しなかったこと
2.野球の公式戦等で、現金がやりとりされていたこと

「賭け事」「賭博」を辞書で調べてみると
・賭け事とは: 金品を賭けて争う勝負事。かけ。ギャンブル
・賭博とは : 金品をかけて勝負を争うこと。かけごと。ばくち

金品をかけて勝負を争うことは、すべて賭博ということになります。


気になるのは、
1.公式試合以外にもノック練習でも金額がやりとりされていた
  とのことですが、他にもあったのでは?
2.問題は巨人だけなのか?
3.辛口の野球評論家といわれる人も、この問題には曖昧な発言
  腫れ物に触るような発言が多いように思われる。

ひと言申し上げると
いずれも「小額」「賭け事でない」と言っていますが、
そのお金、どこから出たお金ですか?
私たちの入場料や商品を買ったお金じゃないですか。
私たちにとって1,000円でも貴重です。
賭け事をしてもらうために払っているのではありません!
さようなら巨人!!!


タグ:験担ぎ 巨人
posted by gara at 09:40 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Ads by Google