Ads by Google

2015大文字の送り火!点火時刻とよく見えるところ!

京の夏の夜空を彩る京都五山送り火は、お盆に帰ってきた
先祖の霊を再び冥土に送るために灯されるお祈りの火です。
今年も8月16日(日)の午後8時から点火されます。

送り火としては東山如意ケ嶽の「大文字」が有名ですが
そのほかに
・金閣寺大北山(大文字山)の「左大文字」
・松ヶ崎西山(万灯籠山)、東山(大黒天山)の「妙法」
・西賀茂船山の「船形」
・嵯峨曼荼羅山の「鳥居形」
があり、これらも同じ日に順番に点火されます。
これを京都五山送り火と呼んでいます。

【各山点火時刻と見えるところ】
●大文字(午後8時点火)
・東山如意ヶ嶽
・よく見えるところ:賀茂川(鴨川)堤防

●妙法(午後8時5分点火)
・妙は松ヶ崎西山−万灯籠山
・法は松ヶ崎東山−大黒天山
・よく見えるところ
 【妙】北山通(ノートルダム女学院附近)
 【法】高野川堤防(高野橋北)

●船形(午後8時10分点火)
・西賀茂船山
・よく見えるところ:北山通(北山大橋から北西)

●左大文字(午後8時15分点火)
・大北山
・よく見えるところ:西大路通(西院〜金閣寺)

●鳥居形(午後8時20分点火)
・嵯峨鳥居本曼荼羅山
・よく見えるところ:松尾橋・広沢の池など

●【京都の夏の風物詩】1分でわかる 京都 五山送り火/ 京都いいとこ動画


posted by gara at 14:28 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Ads by Google